レアルマドリー応援ブログ


by madridismo

引き分け=負け

Barcelona 3-3 RealMadrid
(Gol)Barca:飯飯飯
   Madrid:VanNistelrooy VanNistelrooy SergioRamos


c0097628_0172377.jpg
c0097628_0173447.jpg
c0097628_0174564.jpg


勝たなきゃいけない試合でしたね。
数的優位になり、江藤も下げてくれて失点の気配がまったくなかったのにも関わらず得点の気配もそんなにしなかったあたりが今のマドリーなのかなと思います。
[PR]
by madridismo | 2007-03-12 00:19 | RealMadrid

どうしたことか

Bayern 2-1 RealMadrid
(Gol)Bayern:Makaay Lucio
Madrid:VanNistelrooy


な~んでこうなるかね。
結局1stlegの2失点目が効いた。
そして開始直後も直後のロベカルのミス。
でもロベカルは責められないね、あれだけの選手なんだから。

さぁて、週末はクラシコだというのに。
カペッロはどうなるんだろうか。
それにしてもひどいな。

スタメンにも疑問。
いくらリードしてフエラとはいえ
いきなり引き分け狙いともとれるようなトリボーテなんてやるもんだ。

なぜ?

相手が疲れてたとはいえ
あれだけキレキレだったロビーニョをスタメンで使うべきだったんじゃ?

そして交代のカード。

2点目を失った時点でロビーニョを入れて欲しかった。
まだなんかためらっていたの?

言いたいことはいくらでもあるけど
そんなこといってもどうしようもないもんな。

とにかく

今季も3月でCL終了。
[PR]
by madridismo | 2007-03-08 06:56 | RealMadrid

こんなシーズン

Mallorca 0-1 RealMadrid
(Gol)Madrid:Reyes

c0097628_11554679.jpg


サラゴサ戦の後のこの試合。
いい試合の後でしたが、内容は伴わず。
でも得点の唯一だっただろう可能性だったFKからレジェスが決めてなんとか勝利。

今季のリーガ、すごいことになってますね。

セビージャがまた勝てなかったことでバルサとマドリーが38で並びました。
さらにもう無理だろと思われたバレンシアも上位陣の躓きの連続なんかもあって36とすぐ下にいますし、毎シーズン期待されながらダメなアトレティもそのすぐ下にいて、5チームが
3差、つまり1試合で順位が5位になったり首位になったりする可能性を秘めてるわけです!
ミッドウィークにバルサはトヨタカップの時の分の試合(ベティス戦)をやるんで勝つと少し抜けますが・・・。

それにしたってマドリーが強かったころから大体2チームによる優勝争いが多かったリーガなんで今季は非常に楽しいですね!リーガ全体を見ればね。リーガ全体を。

マドリーの課題は、クラシコやサラゴサ戦のような試合を常にできるようにすること。
毎試合とは言わずとも落ち度を減らすことですね。
[PR]
by madridismo | 2007-01-22 12:03 | RealMadrid

気分屋

RealMadrid 1-0 Zaragoza
(Gol)Madrid:V.Nistelrooy


どうもおはようございます。
内容次第で更新されるかが決まる毎週月曜日です。
更新されましたね。
ということはそれなりに良かったということですね。よかった。

さてさてちゃんとしたレビューを。
スタメンはイケル、トーレス、カンナバーロ、エルゲラ、ブラボ、ディアラ、ガゴ、ラウール、レジェス、イグアイン、ニステルといことで、トーレスとブラボというちょこっと不安な両ラテラルでラウールは429試合目で出場試合第4位になったらしいです。

開始から早いプレスをかけてボールを奪いに行くマドリー。珍しく試合を支配しながら進めていくマドリー。
しかし前半途中にラウールが負傷交代。
c0097628_1522075.jpg
c0097628_152288.jpg

筋肉系だとちょっと嫌だなぁ。代わってロビーニョ投入。レジェスが右へ。

今日のマドリーの良さを表してるのはコーナーの多さだと思う。
41分、そのコーナー、ロビーニョのクロスが流れてきた所にイグアインがいてワントラップ後に折り返して待っていたニステルが押し込んで先制点!
c0097628_1528496.jpg


後半に向けて交代はなく前半途中からのメンバー。
後半はサラゴサがボールキープしながらも前からのプレスでマドリーがボールを奪って速攻っていう形が多かった。速攻から決定機が3回ぐらい、ニステル、レジェス、デ・ラ・レッドに会ったと思うけどそこを決めきれず最後まで1点を守りきっての勝利。
バルサが負けセビージャが負けたこともあって、2連敗してたはずなのに首位とは2ポイント差。
今まではバルサがつまづくとお付き合いしてただけに今日の勝利は非常に大きい!!

感想
[PR]
by madridismo | 2007-01-15 07:03 | RealMadrid

ひどいよその2

浦和レッドダイヤモンズ 3 (10PK9) 3 ジュビロ磐田
(得点者)磐田:前福犬

いやはや、木曜日に続き今日も散々な結果で。
内容は今までのような感じで何も面白味とかはないんですけどね。

岡田のクソ判定にやられたわけですよ。
試合が始まってからPKに至るまでなんか曖昧ではっきりとした基準がわからない笛の吹き方とカードの出し方。同じようなプレーが起こっても片方はノーファール、もう片方はファールでなおかつイエローが出たり。

そしてPK戦。

3人ずつが決めて向かえたレッズの4人目。佐藤洋平が止めたのにやり直し。動くのが早かったっていう判定みたいだけど、帰ってきてビデオ見てもそんなことはなく、あれぐらい許容範囲内だろうと思った。あれがダメなら全部ダメだよ。どうせレッズに勝たせたかったんだろ。

まぁ2-0にしながら自力で勝利をものにできなかった磐田もまだまだだとは思うけどね。

これで今年は終了したわけなんで近々、総括したいと思います。
今日の試合で、負けはしたけど犬塚は間違いなく少し成長した1人だと思うよ!
[PR]
by madridismo | 2006-12-23 19:19

何故こうも・・・

Espanyol 0-1 RealMadrid
(Gol)Madrid:Nitelrooy

この先発メンバーを予想できた新聞、メディア、人はいなかったんじゃないでしょうか。
誰もが出場停止明けのディアラを先発させるものだと思ったはず。
グティをあそこで使った理由として、僕が思ったのはガゴが来た時のことをカペッロが考えてるんじゃないかってことですね。ディアラよりは攻撃力のある選手なんで。
いや~まぁニステルの決定力によって勝てた試合その③ぐらいですかね!?

それにしても昨シーズンに続いてモンジュイックでは誤審が・・・。
昨シーズンはFKから主審が笛を吹いた後に入ったゴールなのに認めちゃって負け。
今シーズンはカンナバーロの明らかな顔面ブロックをハンドと判定して退場。
これ、副審が判断したみたいだけど、主審より副審の方がしっかり見えてたはず!!
カンナバーロが笑わず本気で抗議してたんだから!!ってかカンナバーロの左顔面、見事に丸型に跡が付いてましたけど?
これは異議申し立てすれば取り消しになって水曜のレクレ戦は出れるでしょう!

詳しいレビューは夜書きます。
[PR]
by madridismo | 2006-12-18 12:29 | RealMadrid

天と地

Sevilla 2-1 RealMadrid
(Gol)Sevilla:Kanoute Chevanton
Madrid:Beckham

ん~、やっぱメヒアがなぁ・・・
ロナウドも悪くないし、それが良いか悪いかは別として内容も悪くは無いんだけどなぁ。
結局カペッロはエメルソンとグティのドブレピボーテで右にベッカム左にラウールを起用してロナウドとニステルの2トップで来た。結果論になるけどこれが失敗だったかもしれない。
グティのところで相手が止まらないし、いつもより低い位置だから攻撃の際のラストパスを出す役のグティからそれが出せない。ラウールが試合に出てこないし、ニステルは孤立、ロナウドが引いてきてチャンスを作ろうとするしかなく、得点の気配がない。

じゃぁどうすればよかったかなんてのは意見しても無駄だからやめとく。
まぁメディアプンタで使ってもグティそのものが怪我明けということもあってか調子が良さそうじゃなかったからねぇ。あと解説がS氏だったしね。

また切り替えて頑張って欲しいね!!!!
[PR]
by madridismo | 2006-12-10 07:52 | RealMadrid

豚が豚じゃなくなった日

RealMadrid 2-1 AthleticBilbao
(Gol)Madrid:Ronaldo RobertCarlos
Athletic:LuisPrieto

Iker Casillas; Míchel Salgado, Sergio Ramos, Mejía, Roberto Carlos; Emerson (Beckham, min.46), Diarra; Robinho, Raúl, Reyes (Ronaldo, min.46); y Van Nistelrooy.


これだけ見ていて熱くなる試合は久しぶりでした。
なんといってもこの試合の立役者は主審ですけどね。前半のジャッジにはそりゃベルナベウもブーイング起こるし選手達も怒りますよ。あんなんじゃ攻められるもんも攻められません。
しかしこの審判のひどさが再びマドリーを一つにまとめてくれたような気もするし、ベルナベウと一体となった気がしました。でも負けてたらこんなに冷静に書いてないと思いますよw

ロナウドは結局ベンチスタートでバレンシア戦と同じようにレジェス、ロビーニョを起用。

前半1分もたたないうちにエメルソンが前から前からプレスに行って今日は果敢に攻撃にも参加するのかと思えばそんなことはなく、やっぱり今ひとつ攻撃の形は作れず。そんな中チャンスはほぼロビーニョから。今日はものすごくキレキレで、サルガドに浮かしてボールを出した場面の一連の流れなんか見ていて最高でした。
ただ先制点はビルバオに入っちゃうわけで。あれは仕方ないでしょう。カシージャスがオフサイドを主張していたけど、確かにその通りだと思います。正面からのカメラで見るとカシージャスが変な反応してるんですよね。ということは、カシージャスレベルの選手ですから目測を誤ることはないはずなのでホントに軽くではあったとしても相手選手に当たってるはず。誤審かな。
その後、主審のビルバオ寄りがさらに強まって、ボールに行ってもビルバオの選手が倒れればファールの繰り返し。まったくひどいもんでした。大ブーイングとともに前半終了。

後半開始からレジェス、エメルソンを代えてロナウド、ベッカムの復帰組を投入。
ベッカムは体重とか関係なくあれなんで特に何もないですが、ロナウドは減量してかなりコンディションも戻ってると聞きつつも半信半疑だったので注目してみてました。すると最初のプレーもその後もなんか動きが軽い!!最初の一歩が格段に早くなってる気がしました。前から守備もするし、最前線に張りっぱなしじゃなくてちょっと下がってワンツーのツーを出すほうをやってみたり、もちろんフィニッシュを担当してみたり。これがカペッロの力なのか・・・!
同点ゴールはそのロナウド。ラモスのフィードから抜け出して完璧なトラップ、そしてシュート。
それから相手が1人退場になって、コーナーの流れからロベカルのミドルが右隅に決まって逆転。
最後までハラハラしたもののなんとか守りきって4連勝、セビージャが負けて2位浮上&バルサと1ポイント差まで詰め寄ったという大きな大きな勝利。


なんといってもロナウド!かなり動いてたんで後半から出てきたのに最後にはヘトヘトって感じでしたけど、今日のようなプレーが今後もコンスタントにできるならばものすごく大きな戦力で、ニステルと同時起用、ラウールとトリデンテ形成なんかすると非常に攻撃力が上がる気がします。守備はどうなるかは別問題ですけど。僕の中ではとりあえず究極の豚ではなくなりました。

23番の方は相変わらずというか・・・。最終ラインの前にポジションを確保し、ひたすら前線にロングボール、またはサルガドへ簡単なパスに終始してましたね。お約束のカードももらって。

次節セビージャ戦、ディアラが出場停止ですけど、まさか23番を先発なんてないですよね!?
お願いします、デ・ラ・レッドを先発で使ってみてくださいな。
[PR]
by madridismo | 2006-12-04 05:21 | RealMadrid

今季最終節は海外で

鹿島アントラーズ(鹿島国) 3-0 ジュビロ磐田(日本国)
(得点者)鹿島:野沢拓也野沢

ここまで33試合、Jリーグということで日本国内で戦ってきた磐田さん。
34試合目にして最後は海外に飛び立っていきました。鹿島国です。

ここまでの5連勝、福岡戦がなければもっとの連勝だったのになんで?

な~んて声が聞こえてきそうな完敗でシーズンを締めくくってくれました。
まぁ先制されれば所詮こんなものでしょう。っていうか結局はカウンターが炸裂しなければ今の磐田さんに点を取る力なんてないわけですから、炸裂しなかったから負けた。ただそれだけのことだと思ってます。



以下雑感

・あからさまに審判に不満を抱く福西さん
・判定に不服で審判を軽く突き飛ばしてみる福西さん
・なぜか手首にキャプテンマークを巻く福西さん
・前半で今季を終える福西さん



川口の怪我が重症でなければそれでよし!
[PR]
by madridismo | 2006-12-02 17:51 | JubiloIwata

記憶が薄い・・・

Valencia 0-1 RealMadrid
(Gol)Madrid:Raúl

Casillas, Salgado, Ramos, Cannavaro (Mejía, 45’), Roberto Carlos; Reyes, Diarra, Emerson, Robinho (De la Red, 68’); Raúl; Van Nistelrooy.

というわけで、最終的にエルゲラさんは召集メンバー入りはしたもののスタメンには入らず、さらにはベンチ入りもしなかった。よって最終ラインはサルガド、ラモス、カンナバーロ、ロベカル。中盤は予想通りトリプルRを起用。

肝心の内容なんですけど、静岡帰り、セルティック戦、ユナイテッド×チェルシー観戦の後で一睡もしてなかったんであ~んまり記憶に残ってないんですよねぇ。まぁそれだけの内容の試合だったということなのかもしれません。

バレンシアのほうはビジャをスタメンで使ってきたけど15分で限界が来て交代。モロを途中起用したかっただろうけどビジャを見てしまった後だけに同じことが起こるのを恐れたんだろうと思います。両サイドにホアキン、ビセンテというドリブラー、シスコという才能はいたけれどもそれほどマドリーにとって驚異となることはなかった。

マドリーの方もチャンスらしいチャンスは1回、それを得点にしてしまっただけのこと。
前半でカンナバーロがダメになってメヒア投入、無難にこなしてました。サルガド、シシーニョが壊れた直後はSBで使われてたけどやっぱりCBの方がいいですね。
だけどいいところがまったくなかったということはないわけで、久しぶりにロベカルがあんなに深いところまで走っていったのを見たし(たった1回のそれが得点につながっているということからもいかにSBのオーバーラップ、ピボーテの押し上げが大事かが分かりますね)決めたラウールのポジショニングセンスも素晴らしい。

今日一番の収穫はデ・ラ・レッドでしょうかね。
c0097628_22595789.jpg

途中出場で限られた時間の中だったけど守備もしっかりこなしていたしパスの供給できる選手でなおかつ得点も出来る選手であることを示してくれた。もっと激しいプレスの中でタメをつくれるかはわからないけど、グティがいなければデ・ラ・レッドを起用するというオプションも今後考えられそうな気がする。


バレンシア戦の話題はここまで。

続く~!
[PR]
by madridismo | 2006-11-27 23:08 | RealMadrid