レアルマドリー応援ブログ


by madridismo

豚が豚じゃなくなった日

RealMadrid 2-1 AthleticBilbao
(Gol)Madrid:Ronaldo RobertCarlos
Athletic:LuisPrieto

Iker Casillas; Míchel Salgado, Sergio Ramos, Mejía, Roberto Carlos; Emerson (Beckham, min.46), Diarra; Robinho, Raúl, Reyes (Ronaldo, min.46); y Van Nistelrooy.


これだけ見ていて熱くなる試合は久しぶりでした。
なんといってもこの試合の立役者は主審ですけどね。前半のジャッジにはそりゃベルナベウもブーイング起こるし選手達も怒りますよ。あんなんじゃ攻められるもんも攻められません。
しかしこの審判のひどさが再びマドリーを一つにまとめてくれたような気もするし、ベルナベウと一体となった気がしました。でも負けてたらこんなに冷静に書いてないと思いますよw

ロナウドは結局ベンチスタートでバレンシア戦と同じようにレジェス、ロビーニョを起用。

前半1分もたたないうちにエメルソンが前から前からプレスに行って今日は果敢に攻撃にも参加するのかと思えばそんなことはなく、やっぱり今ひとつ攻撃の形は作れず。そんな中チャンスはほぼロビーニョから。今日はものすごくキレキレで、サルガドに浮かしてボールを出した場面の一連の流れなんか見ていて最高でした。
ただ先制点はビルバオに入っちゃうわけで。あれは仕方ないでしょう。カシージャスがオフサイドを主張していたけど、確かにその通りだと思います。正面からのカメラで見るとカシージャスが変な反応してるんですよね。ということは、カシージャスレベルの選手ですから目測を誤ることはないはずなのでホントに軽くではあったとしても相手選手に当たってるはず。誤審かな。
その後、主審のビルバオ寄りがさらに強まって、ボールに行ってもビルバオの選手が倒れればファールの繰り返し。まったくひどいもんでした。大ブーイングとともに前半終了。

後半開始からレジェス、エメルソンを代えてロナウド、ベッカムの復帰組を投入。
ベッカムは体重とか関係なくあれなんで特に何もないですが、ロナウドは減量してかなりコンディションも戻ってると聞きつつも半信半疑だったので注目してみてました。すると最初のプレーもその後もなんか動きが軽い!!最初の一歩が格段に早くなってる気がしました。前から守備もするし、最前線に張りっぱなしじゃなくてちょっと下がってワンツーのツーを出すほうをやってみたり、もちろんフィニッシュを担当してみたり。これがカペッロの力なのか・・・!
同点ゴールはそのロナウド。ラモスのフィードから抜け出して完璧なトラップ、そしてシュート。
それから相手が1人退場になって、コーナーの流れからロベカルのミドルが右隅に決まって逆転。
最後までハラハラしたもののなんとか守りきって4連勝、セビージャが負けて2位浮上&バルサと1ポイント差まで詰め寄ったという大きな大きな勝利。


なんといってもロナウド!かなり動いてたんで後半から出てきたのに最後にはヘトヘトって感じでしたけど、今日のようなプレーが今後もコンスタントにできるならばものすごく大きな戦力で、ニステルと同時起用、ラウールとトリデンテ形成なんかすると非常に攻撃力が上がる気がします。守備はどうなるかは別問題ですけど。僕の中ではとりあえず究極の豚ではなくなりました。

23番の方は相変わらずというか・・・。最終ラインの前にポジションを確保し、ひたすら前線にロングボール、またはサルガドへ簡単なパスに終始してましたね。お約束のカードももらって。

次節セビージャ戦、ディアラが出場停止ですけど、まさか23番を先発なんてないですよね!?
お願いします、デ・ラ・レッドを先発で使ってみてくださいな。
[PR]
by madridismo | 2006-12-04 05:21 | RealMadrid