レアルマドリー応援ブログ


by madridismo

もしも2ndステージがあったなら

現在首位です。

ジュビロ磐田 1-0 清水エスパルス
(得点者)磐田:前田


3年ぶり、静岡ダービー勝利!!

磐田5位、清水4位、勝ち点差2で向かえた今季2度目の静岡ダービー、舞台はエコパ・・・。
エコパだとホームって感じがしないから嫌いです。芝もヤマハより長め。

GK川口
DF犬塚、鈴木、大井、服部
MF上田、福西、ファブリシオ、菊地、太田
FW前田

田中さん欠場、金さん韓国代表ということでCBに大井を起用。それと左SBに服部を使って上田を一つ高い位置で使ってきた。ワントップはいつものように前田。

磐田ゴール裏で応援してたので詳しく内容とかには触れられませんがその辺勘弁を。


前半、後半通して清水の攻撃が目立ちながらも時折磐田もここのところのようにカウンター一閃!を狙った攻撃で反撃するという展開。ただ、どちらも決定機と呼べるようなチャンスはなく、唯一前半の清水がフリーでヘディングシュートした場面ぐらいかな。あれが決まっていれば結果は違っていただろうと思う。ヨシカツのおかげ。磐田のほうは福西が倒れこみながらシュートぐらいだけどあれも決定的とは言い難いしな。

後半も序盤は清水ペースで、藤本のバーに当たったシュートもあった。
57分、太田が相手ボールをカットしてそのままクロス、相手DFに当たってキーパーがはじいたボールが福西に当たって福西が前に行こうとしたところでキーパーと接触、福西が倒れてこれがPK。前田が右隅に決めて磐田先制!!
微妙な判定だった。うん、これは確かだ。接触はあったがキーパーが故意にひっかけたわけではなく勢いでそうなっちゃった的なとこはあるだろうし。まぁラッキー。逆の立場だったらキレてるだろうな、今ごろ。
その後少しの間磐田が攻撃を続けていたが徐々にいつものように逃げ切りモードに突入。特に66分に福西が代わった後は攻撃もままならなくてとにかく守備守備守備のサッカー。
しかし清水の攻撃もそんなに脅威となるようなものではなく失点する気配はなかった。
結局1-0で、3年ぶりに静岡ダービー勝利。そして、今まで一度も勝てていなかったエコパで今季だけで2勝目。だけど、いくら3万7千人入ったとしても、ヤマハの1万6千のほうが雰囲気は良いと思うし選手達の後押しもそっちのほうが力になると思うからエコパはやめてほしいね。でもでも、来年も3試合ぐらいはあるみたいね。

これで4位浮上!3位は狙えないから今季はこのまま、最終節の鹿戦にも勝って6連勝で締めくくって欲しい。そして、天皇賞につなげていただきたく思っております。

で、これ
確かに1-0じゃなきゃいけないというわけではないし、もちろんサポーターとしても1-0より4-0の方が断然嬉しいわけですが、ダービー、しかも3年勝ってないとなれば何が何でも勝利優先になるのは仕方ないと思うわけで・・・。

さて来年はどうしようか。
とりあえず1月になったらサポーターズクラブに入ることは決めた。
あとは、年チケ買おうかどうしようかっていうところ。
大学が土曜日に必修なければ迷わず買うんだけれども今年は1年ってこともあるだろうけど土曜に必修あったしなぁ・・・。買うならフリーゾーンかな。来年は静かに横から眺めてみたい。



横浜FCおめでとう!!
フリューゲルス消滅が決まって最後に天皇杯優勝したときはホントに感動した。
あそこから、一から作り始めたチームがこんなにも早くJ2優勝、J1の舞台に戻ってくるとは思ってなかった。毎年J2で下位に落ち込んでいたチームが高木監督に代わった途端素晴らしい結果を残すようになった。まぁ47試合で32失点ならそんなには負けないもんな。こんなに長丁場のリーグで7敗は見事。
これで来年は関東開催枠がひとつ増えたことになる。嬉しい。

名波もおめでとう!!
いつかは磐田に戻ってきて、監督として素晴らしいサッカーのするチームを作り上げて!!
[PR]
by madridismo | 2006-11-27 00:46 | JubiloIwata